420時間総合コース

理論と実習の組み合わせで構成されています。全て対面形式の授業です。

理論と実習を繰り返しながら講座は進んでいき、日本語教育の知識と実践力を着実に付けていきます。実習前の個別指導も充実しています。

 

420時間総合コース概要


理論

世界の日本語教育の現状を踏まえ、学習者に合わせた教授法を理論的に学び、人が「言葉」をどのように習得していくかを考えます。また、言語によって語や音の構成が違うことを体系的に知ることも大切です。理論の中には日本語授業に直接関係ないように見えるものもありますが、教師として大変重要な要素を多く含んでいます。人々が毎日使う「ことば」について興味深い「知識」の補充を行います。また、定期的に確認テストや科目テストを実施し、知識の定着をはかります。

検定試験対策講座

毎年10月に行われている日本語教育能力検定試験に標準を合わせた対策の講座です。
文法、記述、音声、聴解、アクセントなどを集中して行います。
    

 教え方講座1「初級の教え方」

教室活動を確認しながら教案を書き、教材・教具の準備をします。また、実際の日本語授業を見学し、担当教師からカウンセリング形式の個別指導(教案補講)を受けて、模擬実習を行います。他の人の実習を見たり、フィードバックを行ったりしながらより良い教室活動を目指します。実習により、座学では得られない実践力が身に付きます。それは就業への大きなステップとなります。

教え方講座2「中級の教え方」

中上級日本語レベル向けの教材作成に取り組みます。「読む」「書く」「話す」「聞く」「表記(ひらがな・カタカナ・漢字)」の技能別指導方や教材作成の方法を学ぶことにより、より学習者のニーズに合わせた授業を行うことができるようになること目標に、幅広い技術を身に付けます。

外国人対象の教育実習

420時間総合コースの仕上げとして、教育実習を行います。実際の留学生クラスで45分間の授業を行います。外国人学生からの本物の反応に手応えを感じる瞬間です。   


 
③   「読む」「書く」「話す」「聞く」「表記(ひらがな・カタカナ・漢字)」の技能別指導の方法や教材作成も組み込まれています。
より学習者のニーズに合わせた授業を行うことができるようになること目標に、幅広い技術を身に付けます。